子供にどのような教育を受けさせたいのか?

 

 

 

 

 

子供がいる人、

ほしいと思っている人は、

教育資金について

しっかりと

計画する必要があります。

 

 

 

具体的に必要となる教育費は、

子供の希望

・適性

・親の価値観

・居住地域などによっても

かなりの差があり、

事前に

正確にはわかりません。

 

 

 

それでも、

「子供にどのような教育を受けさせたいのか」

をイメージしておくことで、

ある程度は予測できます。

 

 

 

「高校までは公立で十分。

大学生になったら奨学金を受けて、

アルバイトもさせよう」

というのもひとつの考え方です

 

ただし、

その奨学金も今では

約5割の学生が借りているので

 

ヤマシタのところには、

若い新婚夫婦が

二人とも奨学金を借りていて

その返済が苦しく

お金が貯まらないという

ご相談もありました。

 

 

背に腹は替えられない

奨学金の利用ですが、

若い二人が

奨学金の返済に

苦しむのは

本当に、心が痛みます・・・

 

一方、

「幼稚園からお受験をさせて、

私立の名門に通わせたい」

と考えるなら、

相当な出費を

覚悟しなければなりません。

(こちらも、実は多いのです)

 

 

一番よくないのは、

何とかなるだろうと楽観し、

「お友達が始めたから」

などといった理由で

 

習い事や塾に

だらだらと通わせること・・・

 

子供は一人でなく

三人ですと

もう、大変!

 

 

中途半端な習い事でなく、

本当に身に付くものを

ひとつ、セレクトして

やらせてあげてくださいね

 

 

 

習い事は一度始めると

辞めどきが難しいですから・・・

 

 

 

中学受験を考え

進学塾に入れると

 

 

それだけで年間

60~100万円ほどの

出費が必要で、

 

トータル300万円ほど

見積もっておいたほうが安心です。

 

 

 

ヤマシタの場合は

塾に頼らず中学受験を

させました。

 

 

それは、それで大変でしたが

塾に行かせないと

中学受験できないものでもありません。

 

 

 

周囲に流されるのではなく、

わが子にどんな

教育を受けさせるべきか、

 

そのために

親は何をすべきかを

しっかりと考えて

決断していく必要があります。

 

 

幼稚園から大学まで

すべて私立に通わせる場合、

すべて国公立と比べ費用は

約1300万円増加します。

 

 

教育費は

選ぶ進路によって

大きく異なりますので、

 

必要なお金をシュミレーションし、

入念なマネープランを

練ることが求められます。

 

家計簿の専門家が教える!毎月10万円のムダ遣いが減る家計ダイエット法メタボ家計解消メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事