4月から終身・個人年金など生命保険料が値上がりします。

 

貯蓄性生命保険の保険料が

4月から値上げとなります。

ただ今、ご相談急増中です。

 

かなり混乱しているようなので

ここで整理いたしますと・・・

 

値上がりするのは

掛け捨てでない保険(終身保険・養老保険・学資)

や個人年金(円建て)

 

驚いたことに、変額など投資信託で

運用する生命保険も値上げ

 

掛け捨ての医療保険や

掛け捨ての生命保険は

大きく影響を受けないので

現状のまま継続

 

 

 

今確認できているところでは

収入保障保険(一部の保険会社)

これは掛け捨てなのですが

若干の値上げ

全社値上げではありません。

 

 

既存の契約はもちろん対象外です。

ご安心ください。

 

 

私の所には、

全部値上げなんですね~

と焦ってお問合せがありますので

お知らせしておきますね。

 

 

 

なぜこのように保険料が

値上がりするのかといいますと

 

生保各社が契約者に約束する、

運用利回り(予定利率)の目安となる

「標準利率」が

金融庁が4月に1%から

0.25%に下げられるからです。

 

 

標準利率の引き下げは4年ぶりで、

生保各社が今保険料の引き上げを確定し

 

保険代理店には

4月からの新保険料改定の研修が

3月から始まります。

まだいくらになるか公表されていません。

 

 

ですが、ある保険会社の報道記事によると

個人年金は平均2~4%程度ですが、

 

終身保険を40歳で契約した場合は

男性2割強、女性3割弱の

値上がりだそうです。

 

これで、

保険で貯蓄という魅力は薄れ

保険は保障を、

運用は株や投資信託

といった流れに 加速するかと思います

 

 

 

3月までにやるべきことは、

 

まず保障内容の確認!

(同じものをだぶって加入していないか)

 

貯蓄性の保険に加入するなら

お早目に!

 

家計簿の専門家が教える!毎月10万円のムダ遣いが減る家計ダイエット法メタボ家計解消メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事