児童手当を有効活用してますか?

教育資金の準備は

早めにとりかかることを

おすすめしています。

 

大学に受かるかどうか

は、この際おいておき、

 

もし子供が大学へ進学したい

と言い出した時

親としてどうするのか?

 

学費を出してやるのか

やらないのか?

 

そのあたりを

はっきりさせましょう

 

できれば妊娠中は時間に

まだ余裕があるので

夫婦で話し合っておくといいでしょう。

 

出産後は、赤ちやんのお世話で

寝る時間の確保も難しいからです。

 

方向性が決まったら

目標金額を定めます。

 

国立大学4年で500万円

私立大学600万円~800万円

 

大学の費用はこちらを参照

 

 

日本金融政策公庫

-「教育費負担の実態調査結果」(平成27年度)-

P8 ご参照ください

 

 

ここで、国立が私立かと

赤ちゃんとにらめっこしても

仕方がないので

 

国立コース500万円ときめれば、

18年では2.3万円毎月積み立てれば

イイコトになります。

 

 

毎月2.3万!

余裕ないわ~と

よく言われますが、

 

ここで登場!

児童手当

 

これは0歳~3歳未満まで1.5万円/月

3歳から中学生まで1万円/月

支給されます。(トータル198万円)

(正確には4か月に1回支給)

※児童手当は親の所得制限があります。

 

 

最初から貯めると198万円

目標金額500万円-198万円=302万円

 

自助努力は500万円のところ

302万円でいいわけです。

 

この児童手当を

お寿司を食べに行ったり

レジャーに使っている

場合ではありません!

 

奨学金は最後の奥の手です。

奨学金は子供が最初に負う

借金です。

 

児童手当をしっかり有効利用しましょうね!

 

 

 

 

家計簿の専門家が教える!毎月10万円のムダ遣いが減る家計ダイエット法メタボ家計解消メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事