住宅ローンと借換えと保険の見直しは今はセットで!

 

3月は、

マイナス金利の悪い影響・良い影響の

滑り込みセーフ月です。

 

悪い影響ということでいうと

4月からは

貯蓄性の保険の値上がり

するので3末までに

申込みと入金が必要です。

 

今でも

続々と保険会社から

4月からの料金改定の

説明会があり

 

終身保険や介護や年金

超定期(99歳定期)

運用保険商品が

値上げのあらし

 

クライアントさんからは

また金利があがれば、

保険料は下がりますか?

 

可能性はないとは言い切れませんが、

保険会社は、証券会社と違い

おっとり刀

 

マイナス金利の影響で

すぐさま証券会社は

対応していましたが、

 

保険会社は、

マイナス金利から

1年後ですからね

 

また金利が上がるころには、

年齢も上がり、

保険料の値上がりを

考えると、

 

いつ来るかわからない

金利上昇による

保険料値下げを待つのは

得策でないです。

 

そもそも保険ですので

健康状態の如何によっては

加入できなくなる可能性も

あり、

 

どちらかというと

そっちの方が心配です。

 

保険というものは

たくさん加入する

必要もないのですが、

 

不要だと言い切れる

お金持ち以外は

必要最低限は

加入しておいた方がいいです。

 

病気や死亡で困るのは

ご自身やご家族ですから。

 

 

マイナス金利の良い影響というと

住宅ローンです。

 

こちらも先日の日経新聞に

記事になっていましたが、

 

金利の底打ち感ありです。

 

 

 

急上昇とはいえないけれど

リスクをはらんだ

住宅ローンを借りている人

 

固定ですが、

高い金利で借りている人

 

 

借換えを検討しましょう。

じわっと

上がりつつあるという

ことですから

 

 

住宅ローンで節約できたら、

なんとなく安心してしまって

無駄使いしないでくださいね。

 

浮いたお金の中で

1万でも2万でも

必要な保険や金融商品・・・

 

年金や、がん保険、

終身保険、投資商品に

まわしましょう。

 

がんばって家計ダイエットできても

その浮いたお金を

有効に回していかないと

残念家計になってしまいます

 

 

 

家計簿の専門家が教える!毎月10万円のムダ遣いが減る家計ダイエット法メタボ家計解消メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事